GAME VERSION, M@STER VERSIONなどの違いについて



ゲーム収録楽曲の「GAME VERSION」や「M@STER VERSION」などの違いについての解説です。

概要

「M@STER VERSION」は、アーケード版の初期10曲はアレンジ版(便宜上のフルバージョン)、それ以外はフルバージョン(原曲)。ただし「私はアイドル♥」のみはアレンジ版で、フルバージョン(原曲)が別に存在。

ゲームに収録されているバージョン(GAME VERSION)は、アーケード版の10曲は原曲、それ以外はショートバージョン

さらに、ゲーム「ライブフォーユー!」で「GAME VERSION」のアレンジである「REMIX-A/B」が登場、それを「M@STER VERSION」にあわせて作ったCD向けの「REM@STER-A/B」が存在。

ゲーム「アイドルマスター2」では、「THE IDOLM@STER 2nd-mix」が登場。

以降、各要素について時系列を追って説明していきます。

アーケード版からMASTERPIECEシリーズのリリースまで

アイマスのゲームに収録されている楽曲は、全て曲の長さが2分前後になっています。これは、ネットワーク対戦であるオーディションゲームで同期をとるためです。

2005年にアーケード版が稼動した当初は、この"ゲームに収録されたもの"がアイマスの曲の全てでした。

しばらくしたあと、CD「MASTERPIECE」シリーズが発売されるのですが、このCDに収録されたものは「ゲーム収録バージョンにアレンジを加えて、フルバージョンと定義したもの」でした。それがいわゆる「M@STER VERSION」です。

つまり、アーケード版からの10曲においては、ゲーム収録バージョン(GAME VERSION)が原曲で、「M@STER VERSION」はアレンジ版です。

さらにいえば、「蒼い鳥」は初期に作られたため、この「2分前後」という仕様を満たせず、曲の速さを調整したり後奏をカットしたりしたそうです。後奏のみ追加したバージョンが「THE IDOLM@STER MASTERPIECE 02」に収録されています。

楽曲の制作手法が変わった Xbox360版とMASTERWORKシリーズ

時は流れ、2007年にゲームのXbox360版がリリース、CDシリーズもあわせて「MASTERWORK」シリーズとなりましたが、このタイミングで楽曲の制作手法が逆になりました。

つまり、先にフルバージョンの原曲として「M@STER VERSION」を制作し、それを短くしてゲーム収録バージョンとするということです。

さらに、歌い手側にも変化があります。「MASTERPIECE」シリーズでは各自の歌うパートのみを収録していたものが、「MASTERWORK」シリーズから以降は、曲の始めから終わりまで収録して必要なパートだけを切り出すようになりました。

また、CDだけの楽曲として「神さまのBirthday」が制作されました。(※のちにゲーム「ライブフォーユー!」にてゲーム収録楽曲となります)

ただし私はアイドル♥」のみは「THE IDOLM@STER MASTERWORK 00」に収録されたものが原曲(フルバージョン)で、「M@STER VERSION」はそのアレンジ版となっています。 のちに原曲のほうには「SINGLE VERSION」という名称が与えられています。(THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01より)。

MASTER ARTISTシリーズ以降、"オリジナルのちゲーム収録"が急増

次に発売されたCDシリーズ「MASTER ARTIST」では、各アイドルひとりひとり異なる専用曲が制作されます。

当初はCDだけの楽曲という扱いでした(※)が、のちにゲーム「ライブフォーユー!」や「アイドルマスターSP」にてゲームへ収録されました。この流れは今後も続いていくものと思われます。

これらは、先にCDのみのオリジナル楽曲という扱いで発表された関係上、「M@STER VERSION」という冠はついていませんが、原曲(フルバージョン)です。

2009年末までは、ゲームに収録された楽曲は全てナムコのサウンドチーム(元も含む)が作曲を担当したもののみでしたが、「アイドルマスター2」からは社外の作家も参加しています。

(※) MASTER ARTISTシリーズがリリースされるという情報の出始めには「新ゲーム収録楽曲」との記述も存在しましたが、すぐ削除されました。

REMIX-A/B および REM@STER-A/B

2008年に発売されたゲーム「ライブフォーユー!」では新たに、今までの収録曲のボーカル音源はそのままで、演奏部分のみ別に作り直したREMIX-A」および「REMIX-B」が収録。アレンジはナムコのサウンドチームではない、外部の作家により行われました。

さらにCD「MASTER LIVE」シリーズ以降には、「REMIX-A/B」のアレンジ指向はそのままに、曲の構成を「M@STER VERSION」にあわせたREM@STER-A」および「REM@STER-B」が収録されました。

「REMIX-A/B」のボーカル音源は以前のゲーム収録分そのままですが、「REM@STER-A/B」ではボーカルも収録しなおされています。

ファミソン8BIT☆アイドルマスターシリーズ

2008年には5pb. よりCD「ファミソン8BIT☆アイドルマスター」シリーズがリリースされています。

既存楽曲のファミコン風アレンジが収録されています。アレンジはナムコのサウンドチームではない、外部の作家により行われました。

2nd-mix

2011年に発売されたゲーム「アイドルマスター2」では新たに、「THE IDOLM@STER」のアレンジバージョンとして「2nd-mix」が収録。

他の楽曲の「2nd-mix」も作られる……と思われましたが、2012年4月現在、「THE IDOLM@STER」以外のものは発表されていません。